忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Jul 27,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.07.27 03:38


大人になったら、出産したら、入れ歯になったら…。
色んな要因で、人は食べ物の好みが変わったりするそうですね。
僕はダイエットをしてから野菜が好きになりました。くろまうすです。
塩昆布とごま油をあわせたキャベツがもう、最高。

ところでダイエット以来、野菜が好きになった反面お肉をさほど食べなくなったのです。
好きは好きですけど、そんなに食べない。
そんな僕が、たらふく肉を喰った思い出の写真があったので公開しておきます。

行ったのは、シュラスコ料理『バルバッコア グリル 青山』
サムライファクトリーメンバー数人と、お電車に乗って浮かれ気分で食べに行きました。

シュラスコ!
シュラスコ料理とは、本場ブラジルで人気のバーベキュー料理です。牛肉、豚肉、鶏肉、野菜などを長い串に刺し、シュラスコマシーンと呼ばれる特注のオーブンで、ゆっくりと回転させながら焼き上げます。味付けは主に岩塩のみで、余分な脂分も落ちるため、肉本来の味が楽しめます。焼き上げた肉・野菜は、「パサドール」と呼ばれるスタッフが、串に刺したまま、お客様の前で切り分けてご提供いたします。

(『バルバッコア グリル 青山』サイトより)
かなり前から「“シュラスコ”というウマい食べ物があるらしい」とは聞いていたのですが、実際に食べたのは今回が初めてでした。

上に引用した解説にもあるように、スタッフが肉の塊を持って店内を歩き、客のテーブルでザクザクと切って提供してくれるんです。
その写真は…続きにて!

こんな感じで、肉を切り分けてくれます。

シュラスコのパサドール

目の前で、肉の塊を、切る…だと?

良い景色でしたよ。子供のころ夢に見たような光景でした。

いろんなシュラスコ

こちらのお店では、色んな部位のシュラスコを食べることができます。

ディナーですと、4,500円で18種類のシュラスコ+サラダバーが食べ放題というコースになります。

お腹がはちきれるんじゃないかと思うくらい、肉をたらふく食べてみるのはいかがですか?
PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)
Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails