忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Oct 20,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.10.20 10:14

少し前にインターネットニュースなどで話題になったのですが、7月19日から23日の5日間限定で、フジテレビ“笑っていいとも!”の前説が動画共有サービスUSTREAMにて配信されています。

「笑っていいとも!」が初の前説公開、放送開始10分前からUstream配信。 | Narinari.com
「笑っていいとも!」は1982年の放送開始から28年の歴史を持つ、言わずと知れた長寿番組だが、前説を公開するのは番組史上初めての試み。期間中はいいともAD隊の“クルットとハリー”が行う前説を、番組開始時刻の10分前、11時50分頃からライブ配信する。

いいとも!前説ユーストリーム

この、前説。
真面目に見てみると「思っている以上にスタジオは狭い」とか「カメラの台数もギリギリっぽい」とか、いくつかのことが解って「へぇ~」と思ったりすることが出来ます。

さらに内容をじーっと見つめてみると…
○声出し(「そーですね!」とはじめ、笑い声や「え~」などのリアクション)
○拍手(タイミングや、例の“いいとも拍子(ひょうし)”)
○テスト(“1/100アンケート”のスイッチとか)
○大体の各コーナー内容
などを、ラフな会話と共に繰り返し繰り返し、お客さんへ説明していました。

ザ・前説ですね~。
このテンションは、演劇人にとってはとても心地イイ“あの感覚”を思い出せて、淡い感動すらおぼえました。

さらに一番キュンとしたのは。
前説をしながら「あと2分半くらいで本番が…」「あと30秒ですよ」「それでは本番はじまります、5、4、3…」とカウントダウンをしながら、そのまま本番へ突入していったことです。

まさにライブ。
お客さんをリハーサルから本番へ軽やかに誘う、唯一の登場人物としての彼らはとても堂々たるものでした。


ひとまず、会場へ行かずとも前説が見られるのは明日まで。
一見の価値があると思いますので、お時間をあわせてご覧になってはいかがでしょうか。
PR
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)
Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails