忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Oct 24,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.10.24 18:36

アルパカ似でも、アルパカの気持ちがわかるかと言われると自信がありません。
というか、アルパカって喋る(鳴く?)のでしょうか。
ラクダ科・ラマ族…?ラクダって鳴くんでしたっけ?
とにもかくにも、くろまうすです。どうも、いつもありがとうございます。

…僕は、英会話を数年間習っていたりもしましたが。
結局英語は話せません・書けません・読めません…。

FPN-世界のネットユーザーを逃さない!英語アレルギーでも外国語ダメでも皆HAPPYなサイトにするには?
現実世界において、例えば海外で日本語が通じる寿司屋を探しているとしましょう。右も左もわからず日本語が見当たらない町で、目的地をすんなり見つけられますか?
こんなときに「日本からのお客様はこちらへ」と案内してもらえればとても助かりますね。
こんな切り口から、IP Geolocationの話になっていきます。

少し難しい話が入っていたので、僕も頑張って読んでみたのですが。
要するに、入り口まではこちらがしっかり案内するべきじゃないか?という話。
確かに、見知らぬ駅に降り立って(しかも普段は使わない路線の)。
案内看板に英語・日本語・韓国語・中国語なんかが並んでいると、日本語なら読めるはずなのにちょっと困惑してしまいます。
わかるわかる。

英語のサイトを紹介してもらって、たった1つのファイルをダウンロードしようと思っただけでも、こういう困難があります。
「download」ってかなりわかりやすく書いてあっても、やっぱり頭の中では「ダウンロード」の文字を探してしまう。

世界に触れている割に、体や頭が全然追いついていないんですね。


世界に目を向けたサービスを作るということの先にはやっぱり、人そのものの気持ちとか習性を掘り下げて考えて。
“ドコのヒトに”じゃなくて“どんなヒトにも”喜んでもらえるように、工夫していくべきなのでしょうね。

欲張りかもしれないとは思うのですけれど。
それを成し遂げたときこそ、本当の成功があるんですきっと。
PR
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)
Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails