忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Apr 23,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.04.23 14:25
  • blogram投票ボタン


うわー!素晴らしい表現。
あまりにも感動したので、ブログにしたためておきます。

-----

SMAPの香取慎吾さんがよくやることなのですが。

お笑い芸人がこつこつと丹精を込めて創り上げたギャグなどが、とてもブレイクした後。
そのギャグを雑におこなったり、わりと小馬鹿にして使うことで、二刷り的に笑いを取ったり注目を集める手法があります。
お笑い芸人同士でもやられることはあると思いますが…。

そんなやり方を、明石家さんま先生が「お笑いの輩や!」と表現していました。
なるほど、上手い。

“輩”のやり方は、ネタを振ったりギャグをあおったりして笑いを「引き出す」のとは少し違います。
ギャグで「スベらせて」笑いを取るような振り方・やり方は、僕は好きじゃないですね…。

同じSMAPで言えば、MCの上手い中居正広さんは、お笑いの輩というよりは丁寧な“フリ”をすることが多いように思いますが。


また、職場や学校にも居ますよね?
本人が丁寧につくりあげたネタや口癖やキャラクターを、雑にマネしたり小馬鹿にしたりして潰しちゃうタイプの人。
その人に悪意がなくても、ネタ保持者の当人としては、なかなか困惑してしまうことは事実です…。

そんな時は、さんま先生の語録を借りていってみましょう。

(大切なネタをそんな雑に扱うなんて…)
「お前は“お笑いの輩”だなっ!?」


起死回生とまではいわなくとも、自分がスベらされた際の治療薬としては、とても効きそうです。
PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)

Profile



電子書籍(PDF)版「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』 創刊号は粕谷幸司が表紙

Free area


登録

あわせて読みたいブログパーツ

無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!

忍者ブログ

[PR]

Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails