忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Oct 20,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.10.20 10:20

am/pmFamilyMartで、『にっぽん全国味紀行』という、地方の商品を東京でも!みたいな企画をやっていて、ついうっかり見つけました。

やきそば弁当

北海道限定商品としてお馴染み、このたび発売35周年を迎えたと言う“やきそば弁当”!

僕が高校生の時。
北海道の友達(中学生)に「北海道に行ったらなにか面白い食べ物が食べたい」とアドバイスを乞うたところ「じゃあ、やきそば弁当だよ」と教えてもらったのが、僕とやきそば弁当との出会いでした。
あれは10年前か…。
その頃も、関東では見たことなくとも、道産子には当たり前のように根づいていた商品のようです。

お湯を沸かしながらカップを用意

やきそば弁当の特徴は、なにより「中華スープ付!」というところです。
なので、お湯を沸かしつつ、かやくを麺の上にあけ、そしてスープのもとを別のカップにあけてスタンバイします。

そして、お湯が沸いたら容器の内側の先まで注ぎ3分間、麺が出来上がるのを待ちます。
そして3分後…クライマックスは追記にて。

麺が出来上がったら普通、カップ焼きそばはお湯を捨てるわけですが。
なんとこのやきそば弁当は…その麺を作ったお湯でフープを作ります

スープを作る

容器に少しお湯が残るくらい、ちょうど画像のカップ1杯ぐらいが美味しいスープになると思います。

で、容器に残っとお湯を完全に捨てたら、ソース・ふりかけをかけて出来上がりです。

やきそば弁当 完成

焼きそばと中華スープがいっぺんに出来ちゃう“やきそば弁当”!
この中華スープが、美味いんですよね…。

特に北国・北海道では、この温かいスープが体にしみるんですよねぇ…。

ごちそうさまでした。

[こちらも参照]
北海道で大人気のソウルフード「マルちゃん やきそば弁当」を初体験 - GIGAZINE
『ペヤング スープやきそば』とナイスな組み合わせ! “忍”なのによくしゃべる by 忍者ブログ
PR
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)
Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails