忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Dec 16,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.12.16 03:04

日曜日。
母親と母方の伯母さんが東京でブラブラしていると聞いたので、渋谷で落ち合ってご飯でも食べようという話になって。
センター街や道玄坂をブラブラしました。

「なんだこの人間の海は!」
「すンげーな、なんじゃこりゃ」
「どこへ行っても人ばっかりだな」
「あ、変な格好している人がいるわ」

正直な話、母親たちは田舎育ち。
東京は渋谷なんていう大都会を歩くと、まさにおのぼりさん状態で、キョロキョロしてました。
とっても愛らしかったです。

で、行ったお店は塚田農場 道玄坂下店

浴衣っぽい格好をしたお姉さんたちと、農場自慢の食材がウリだということなので、なかなか好いかな?と思ったのですが。
さすが田舎育ちのおかあちゃんたち。

出てくる野菜を見る目がかなり厳しかったです。

お通しとして、キュウリとキャベツが出てきたのですが、
「このキュウリ…うーん…」
「このキャベツ…うーん…」
と、渋い顔をしていました。

僕は別に問題なく美味しくいただいたのですが。
“ホンモノの新鮮な野菜”の味を知っているおかあちゃんたちの舌はハードルが高いようでした。
しかも「農場」って名乗っちゃってますからね。

言ってしまえば、東京育ちの若者には、何が新鮮なお野菜なのかもよくわからないわけで。
周りのお客さんを見渡しても特に問題が無いようだったのですが。
なかなか、主婦の目というのはごまかせないものなのだな、と感じました。

飲食店ならば、特にそうですよね。

将来飲食店をやるとしたら、野菜には気をつけよう…。
PR
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)
Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails