忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Aug 17,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.08.17 15:09


大学の先生「こんな日本語は間違っている。どういうつもりなのかね」
僕「先生、これは現代の若者を描いた映画のシナリオですよ。
  若者言葉をそのまま台詞として表記しているのです。
  それが最も自然なシナリオです」
大学の卒業時に、口頭試問でちょっとモメました、くろまうすです。

日本語について、よく考えることがあるのですが。
今日は調べてみて「なるほど!」と思ったお話。

○「ご報告」「ご連絡」「ご相談」という日本語

僕は「報告する」「連絡する」「相談する」という“自分の動作”には、「お」や「ご」といった敬語表現は使うべきじゃないと思っていました。
だって、「~~スル」のは自分であって、自分に対して敬語を使うのは変じゃないですか。

でも、ちょっと調べてみたら…
「ご報告いたします」「ご連絡いたします」「ご相談いたします」という表現は、正解なのだそうです。

この「ご」は、謙譲語としての「ご」なのだそうです。

「わたくしから貴方様に、ご報告いたします」
この使い方(謙譲語の「ご」)も正しいし、
「貴方様からわたくしが、ご報告いただきました」
という使い方(尊敬語の「ご」)も、正しいようです。

…やっぱり日本語って難しい。

そして、難しいから面白い。

参考にしたページ:
 自分の相談なのに「ご相談」って正しいですか?
 正しい敬語の使い方
PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)
Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails