忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Jul 28,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.07.28 17:48


はてなブックマークや、はてなダイアリーなど。
何かと、シンプルかつ“ちょっとした天才的な工夫”で新たなネットツールを開発・展開し続けているHatena(はてな)さんが、なんと今さらSNSをリリースだそうで!

はてな、いつでも友達と会える小中学生向けSNS「はてなランド」をPCやニンテンドーDSiブラウザー向けにリリース
はてなランドは、自分の分身であるキャラクター「ハッピィ」を作成し、サービス内の「ともだち」とおしゃべりを楽しむサービスです。また「ひろば」に移動して自分の興味のあるテーマごとにおしゃべりしたり、ハッピィ用のアイテムを入手して、自分だけのキャラクターを作り上げたりすることもできます。

はてなランド

なるほど、なるほど。
どうやら方向性としては、mixiなどの多機能型とは違い、サイバーエージェントさんの“アメーバピグ”に近い、遊び中心コミュニティのようですね。
今さらSNSなんて「どーしちゃったの!?」と思いましたが、このやり方はやっぱり賢いですよね。

日記中心の招待制SNSは、もうmixiさんがトップランナーかつアンカーだったように思える昨今。
ブログメディアは根強く残り続けているとはいえ、それを中心にコミュニティを展開するのはさすがに難しいと、ネットサービス業界全体が承知した頃。
アメブロと半分連携した感じで、彗星のごとく登場し、アッというまに若年層や女性を中心に広まったアメーバピグ。
それに追随するようなこの『はてなランド』は、かなり注目だと思います。

結果的に、Hatenaの他サービスともどんどん連動していけますし。
小中学生のユーザーは未来の有料顧客に繋がりますし。
今のうちに“ゲーム感覚”で人を集め、さらに将来的には“機能美あるツール”として浸透させ続ける。
そんなビジネスモデルには、思わず僕もトキメキます。

さすが、天才集団。
PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)
Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails