忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Apr 25,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.04.25 23:32
  • blogram投票ボタン


ラジオパーソナリティーを始め、音や声をお金にするということはなかなか簡単なことではありません。
メディアとしての底力を発揮しなければならない、かなり追い込まれているのではないかとも一部では囁かれているラジオ業界に、ネットラジオという存在が登場したのはそんなに昔の話ではなかったと思います。
それが少しずつ姿を変え、Podcastingの形になってからしばらく経ち。
今ではPodcastをお金にすることも、有料コンテンツにするか広告収入の新たな形を完成させるかなど、なかなか困惑しているように思います。

そんな折、面白法人カヤックさんが企画力で攻め入ったみたいです。
面白法人カヤック、音声特化型SNS「こえ部」にて無期限で使用できるWeb音声広告プラン『ツタエル』をリリース〜アカデミー賞 主演女優賞受賞作品「愛を読むひと」タイアップ広告実施中〜

株式会社カヤックは、同社が運営する日本最大級の音声特化型SNS「こえ部」( http://koebu.com/ )において、こえ部に登録する4万人以上のユーザーを巻き込んで展開する、Web音声広告プラン『ツタエル』をリリースいたしました。
なんとなくプレスリリースを読んでみたところ。

・広告主が『宣伝したい商品』という“お題”を出す
・お題に応えて、ユーザーが音声CMを作成する
・出来上がった数々の音声広告から、広告主が採用作品を選ぶ
・その音声広告をブログパーツ化などしてどんどんネットユーザーに広めてもらう

みたいな流れ。
うーん、なるほど。ユーザーが楽しんでチャレンジしつつ、広告主はどんどん増えていく露出に満足できるという…。
基本的に“みんな幸せになる”システム。

この企画力、素敵ですね。

音+広告=音声CM
というところまでは誰もが思いつきながらも、その音声CMの露出先や効果や、制作に費やす労力や資金にモタつくことを、解決したのでしょうかね。

現在キャンペーン中だそうなので、僕も個人的に企画参加してみようかな。
PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)

Profile



電子書籍(PDF)版「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』 創刊号は粕谷幸司が表紙

Free area


登録

あわせて読みたいブログパーツ

無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!

忍者ブログ

[PR]

Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails