忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Jun 27,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.06.27 09:00
  • blogram投票ボタン


いつもネタになる情報を提供してらっしゃる“ネタフル”さんの記事。

[N] 高校生がよく利用するCGMは「ブログ」
(ソース:
 CGMに個人情報を書き込んだ経験のある高校生は34.9%、マカフィー調査 (Impress Watch) - Yahoo!ニュース
 よく発言や書き込みをしているCGMは、1位「ブログ」(47.5%)、2位「Twitter」(27.9%)、3位「チャット」(27.1%)、4位「mixi」(25.7%)、5位「プロフ」(25.0%)の順となった。主な書き込み内容は、「趣味のこと」(82.5%)、「身の回りの出来事」(58.5%)、「学校のこと」(43.5%)など。
個人的には、ちょっと意外な結果でした。ブログが1位とは思いませんでしたね。てっきり、プロフやmixiが上位だと思っていたのですが。
まさしく!
僕も同様で、今どきの高校生が「書き込む」「交流する」のに使うのは、mixiやプロフだと思っていました。
意外と、というかやっぱり、ブログ文化はわりと根強く浸透しているんですね。

これは僕の勝手な邪推ですが、やっぱり人々は、せっかくのインターネットだし、より「オープンに」情報の行き来をしたいと思っている傾向があるということなんじゃないですかねー。
記録として残るブログは、日記やメディアとして生きている証とか表現とかをしたかったり。
圧倒的なリアルタイム性とユーザー層の厚さで、交流の軸ともなりそうな便利ツールとしてtwitterを使ったり。
知らない人とメールや電話は出来ないけど、文章での会話というチャットなら知らない人との交流もできちゃったり。

本質的にオープンになりたい!したい!という思いは、今も昔も変わらなくて。
「どこまでも広い世界」があって、身の回りの「小さな世界」もあって。
両方があってこそ、人と人がつながっているんだなぁという真理は普遍的だから、こういう結果がしっかりと出ている。
…のだとすれば、僕は嬉しい限りです。

だから…やっぱりブログというツールは、もうちょっと大事にしたほうがいいと思います。
PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)

Profile



電子書籍(PDF)版「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』 創刊号は粕谷幸司が表紙

Free area


登録

あわせて読みたいブログパーツ

無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!

忍者ブログ

[PR]

Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails