忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Apr 25,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.04.25 21:25
  • blogram投票ボタン


インテリジェンスが運営する看護師専門の転職支援サービス「DODAナース」が、「あなたの好きな医療系ドラマは何ですか?」という調査をおこなったのだそうで。

ナースに最も人気のドラマは

堂々の人気は、江口洋介が演じる天才外科医と、松嶋菜々子が演じる救命医や木村多江が演じる看護師などが、まさにその時代の医療問題を中心としたシリアスなテーマに果敢に立ち向かいつつ、人間ドラマや生命の輝きなどを描いた、シナリオライターの福田靖さんをはじめ、スタッフ陣もとても力を入れて制作をしていたと噂の『救命病棟24時』シリーズでした。
上位3作品を選んだ理由として最も多かったのは「リアル」さ。また、上位3位はいずれも救命救急をテーマにした作品ということもあり、緊迫感なども人気の一要素となっていることが分かります。
確かに。
『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』シリーズもそうですが、緊迫感やある種の非日常性という“ドラマ性”の中にも、かなり調べ込まれたリアルさがあるものは、本職のナースさんたちにとっても見ごたえある作品になる要素ですよね。

ここ最近の、こうした現代劇では、現場のプロフェッショナルがしっかりと監修についていることが多くなったような気がします。
『海猿』シリーズでの海上保安庁の協力体制や、『アテンションプリーズ』での日本航空の制作協力など、企業側もそのドラマ性をつくりあげるために、ひと役かっていることが多くなりました。

今後のドラマ業界は、さらに企業とのタイアップも獲得しながら、よりリアルでドラマチックな作品を提供していく方向に進んでいきそうですね。

ソーズ:ナースに人気の“医療ドラマ”は? 「救命病棟24時」が圧倒的な強さ。 | Narinari.com

PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)

Profile



電子書籍(PDF)版「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』 創刊号は粕谷幸司が表紙

Free area


登録

あわせて読みたいブログパーツ

無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!

忍者ブログ

[PR]

Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails