忍者ブログ
“くろまうす”こと粕谷幸司は、KASUYA.net - かすやどっとねっとに移転しました。

シナハン-Scenario Hunting-96

がっつり素人目線のPRマン“くろまうす”がお送りする、忍者のサービスについてだったり、小ネタだったり日常に転がるニュースだったり…よろずテーマの忍者ブログ。


Apr 25,2017

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  •  
  • 2017.04.25 21:15
  • blogram投票ボタン


先日『コガネモチ』をリリースした際。
takanori取締役が「おっ、やったね、コガネモチがローンチしたね」というようなことを言っていました。

前から何度か小耳に挟んでいたのですが、ローンチって実際なんだろう?
ニュアンスでギリギリ生き延びてきた僕も、そろそろ勉強しないといけないと思い、早速ググッてみました。

exBuzzwordsによると、
ローンチとは、何か新しい商品・サービスなどの発売を開始すること。新商品の発売時に、「ローンチする」などと呼ぶ。
とのこと。

なるほど!
つまりは「出た!」ってことですね。
リリースとほぼ同じ意味だ…。

憶えました!ローンチーー!


ところで。
プロジェクトが開始するときには「キックオフ」と言ったりするという話。
そして、先日とある飲み会で会話が交錯した挙げ句に収拾がつかなくなったときに「(サッカーで言うと)いくつのボールを同時に追いかけてるんだよ今!」という突っ込みが炸裂したという話を、ふと思い出して。

サッカーの例えに乗っかっちゃえば。
キックオフの段階では試合はまだ見えていないわけで、どこにどうボールが転がるか、そして誰がどんなプレーを見せて試合を運ぶことになるのかも、予想するほうが難しいのですよね。
だから監督の采配や、絶対的なチーム内全体の信頼関係が必要で。
予想外の展開になっていく試合の中で、それぞれがアイコンタクトを交わし、イメージを伝え合い、フォローやチャレンジを思う存分やり抜くチームこそが、勝敗には関係ないとしても気持ちの良い、素晴らしいチームなのではないかと。
ひとつのボールを全員で追いかけることに全力であるサッカーには、そんな真髄があるんじゃないか?と。

ふと、思ったわけです。

個々が特性を活かしてポジションに付き、ひとつのボールに集中して、試合を勝利に導くために声をあげ、走り、仕事をする。
そんなことを考えると、サッカーってなんて良い「チームメイクのお手本なのだ」と、思ってみたりして。


…実はサッカーをそんなに知らない僕ですが。
ちょっと興味が出てきました。

あと「ローンチ」と「ボランチ」がなんとなく、ほんとなんとなく似ている気がした、というのは内緒の話。
PR

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

Comment

無題

  • おれ   
  • 2009/06/04 (木)16:40  
  • edit

普通に「発売した」「発表した」「着手した」などと言えばいいことです。日本語で十分に表現できるものを、わざわざ「ローンチ」(launch)などと言い換えるのは、プログラマーや外資系、ベンチャーなどの「中二病」みたいなものでしょう。

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Latest entries

(05/16)
(04/28)
(03/14)
(02/03)
(11/09)
(10/21)
(10/14)
(09/26)
(09/03)
(08/16)
(07/30)
(07/28)
(07/21)
(07/20)
(07/16)
(07/15)
(07/10)
(07/08)
(07/06)
(07/04)

Profile



電子書籍(PDF)版「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』 創刊号は粕谷幸司が表紙

Free area


登録

あわせて読みたいブログパーツ

無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!

忍者ブログ

[PR]

Copyright (c) くろまうす All rights reserved.
Related Posts with Thumbnails